バイオマス発電

バイオマス発電とは生物由来の資源を活用した発電全般を指します。
レノバが取組むバイオマス発電は、国内の未利用材や海外から輸入されるパーム椰子殻などを燃やすことで蒸気を発生させ、タービンを回すことで発電を行っています。

木材などを燃焼させることにより、CO2が発生しますが、樹木は成長する段階でCO2を吸収していることから、全体として大気中のCO2の量は変わらないという「カーボンニュートラル」という特性があります。

また、豊かな山林を保つためには、間伐や育った樹木を伐採するなど整備が必要となります。木質バイオマス、特に森林由来の間伐材などの未利用資源を利用することは地域の活性化にもつながると期待されている発電システムです。

発電施設一覧

特徴

地球に優しい

地球に優しい

植物由来のバイオマス発電の燃料は、成長段階で吸収したCO2と燃焼時に発生するCO2が等しいという考え方からCO2を発生させません。

また、発電所の稼動後は天候などに影響を受けることなく安定的に電力の供給が可能となります。また電気の使われ方に応じて発電量のコントロールも可能です。

しくみ

生物由来の発電材料

生物由来の発電材料

バイオマス発電では、生物由来の原料を燃焼させ高温で、高圧な蒸気を発生させることにより、タービンを回転させて発電します。高温で高圧な蒸気を発生させるためには原材料を効率よく燃焼させることが必要になるため、水分量の多い(含水率の高い)木材を使用する場合、一般的に適切な補助燃料を混合して燃焼させます。レノバの携わる木質バイオマス発電では主に地元産の未利用材を燃料として活用し、補助燃料として、インドネシア、マレーシアなどから輸入されるパーム椰子殻(PKS)が使用されています。

バイオマス発電事業開始までのプロセス

  1. 事業計画(構想・基本計画-1年)
    • 施設規模の検討
    • 立地場所の検討
    • 廃棄物の収集運搬を含む燃料調達の検討
    • 製品・副産物利用の検討
    • 事業体の検討
    • 導入可能性調査(FS調査)
    • 地域への説明・協力依頼
  2. 実施計画(システムの検討-1年)
    • 施設規模の設定
    • 経済性、リスク対応等の検討
    • 関係事業者との協議
    • 事業体の設定
    • 地域の合意形成
  3. 計画の実行(2~3年)
    • 事業者認定の申請
    • 電気事業者・メーカー等との折衝
    • FIT制度の設備認定
    • 発注・設計・施工・試運転
    • 各種法令のクリア
  4. 運転開始