インタビュー 有限会社秋田グリーンサービス 代表取締役社長 佐藤 國男 様

  • 佐藤社長が林業に携わってから秋田県の林業はこれまでどのような変化がありましたか?

    中学時代までは、のこぎりで挽いて馬橇で木材を切り出していた。親父が新しい物が好きで、自分が中学になったくらいでチェーンソーを購入した、当時は振動がすごかった。昭和44年から当時の県知事の号令のもと、展開された年間1万ha造林運動等により、杉の植林が進み、現在では、秋田県は杉の人工林面積で日本一となり、その当時植林した山林で育った杉の間伐が必要となっている。秋田杉はもともと、建材として利用されてきた、外材などに押されてしまい、また新しい素材の建材が出てくる中で、一般住宅向け資材が弱ってしまった。結果として、なかなか木材を切り出しても値がつかなくなってしまった。

  • バイオマス発電所ができて何が変わりましたか

    バイオマス発電用の原料としてチップ加工という新しい仕事もできた。林業としてもこれまで、切り出してもお金にならなかった木材、間伐材などがお金に変えることができるようになった。安定的にお金になる仕事ができたことによって、新しく5名ほど人を増やすことができた。最近では若い従業員に子供が生まれ、養う家族も増えてきている。

    これからの林業の未来についての思いは

    三重県の伊勢神宮などは、木を育て、その木を使用して20年に一度式年遷宮として建て替えをおこなっている。こうした伝統で大工の技術も継承されている。宮大工が残っているところには技術も伝わっている。秋田県でも林業を発展させていくためには、長いスパンで木材が高く売れる加工技術が必要です。そこには、その技術を持つ職人が居て、後進を育てていくことが必要。人を育て、これからも若い人が秋田県で暮らしていけるような付加価値を高めていけるよう、林業の発展に取組んで行きたい。