社員紹介

プロジェクト推進本部 推進統括部
白井 裕希(新卒入社)

  • “継続性のあるビジネスの創造による社会貢献”に共感
    入社を決めた最大の理由は、「単発ではなく継続的に社会に貢献し続けるために、“ビジネスとして自立する事業を創ること”に徹底的に拘る」、という考え方に強く共感したことです。また、面接時に「レノバの役割は1を10にするのではなく、0から1を創ることだ」という話を聞き、さらにインターンで実際にその使命感に燃えて働いている社員に触れることで、「創る」こと自体への強烈な拘りにも心を動かされました。レノバでは再エネ発電所開発に必要な全てのプロセスを自社内で行っており、まさにゼロから自分達で作り上げることを実感できます。手触り感をもって仕事をしています。
  • 常に新しい課題と向き合い続ける
    入社1年目は太陽光発電所の開発業務に携わっており、事業用地の確保や事業を行う上での許認可の取得などを担当していました。現在は工事中/運転中の太陽光発電所の課題解決(地権者との協議、許認可の取得)や、バイオマス発電所の開発業務の契約調整~締結などを担当しています。これだけやっていればいい!といった定型的な仕事ではなく、その都度発生する新しい課題を解決する仕事です。そのため常に背伸びが必要な環境ではありますが、背伸びし続けることでずいぶん度胸もつき、新しい事に挑戦する気概も持てるようになりました。また裁量が大きい分、自分の働きがプロジェクトに貢献している実感をもって取り組めています。
  • 将来は自ら開発の中心に
    現在はプロジェクトマネージャーや先輩から仕事の指示を受けて自分の担当業務を行っていますが、いずれは自ら中心となり、最高のチームワークで、地域と共生する価値ある環境事業を開発したいと考えています。そのために今は、個々の担当業務を、常にプロジェクトマネージャーの視点を持つように意識しながら仕事に取組むことを心がけています。
  • アフター5の過ごし方
    本屋巡りをしたり、運動してリフレッシュしたりしています。