社員紹介

開発基盤本部 事業推進室長
上野 晃世

  • 太陽光発電事業のリーダーとして
    新卒入社後は、環境省や経済産業省といった官庁・自治体から受託した調査を行うシンクタンク業務や、大手民間企業に対する環境活動の支援コンサルティング業務に携わりました。忙しい時期もありましたが、裁量ある仕事を任せてもらえたことは、自分の成長にもつながり良い経験となったと思います。
    その後、現在の部署で、複数の大規模な太陽光発電事業の開発に携わり、現在は各案件を統括するチームリーダーを任せられています。具体的には、事業計画の策定、地域の方々や地権者様への説明および交渉、自治体への許認可申請、工事を統括する電設会社との契約交渉と進捗管理、銀行からの融資調達等々、太陽光発電所開発に関する全ての工程を、各プロジェクトマネージャーから報告を受け、管理・推進しています。
  • ベテラン専門家と新卒出身者の融合
    巨大発電所の建設プロジェクトを進めるため、社内には各工程のプロが結集していますが、その中でも新卒出身者がプロジェクトの中心となりながらチームとして融合しているのは、レノバの強みだと思います。ダムやエネルギープラントなど大規模工事を手がけてきた社内外の諸先輩達との真剣勝負は楽しく、そのプロセスを通じて絶えず自己成長を実感できます。最終的に完成した発電所を見ると、大きな達成感を得ることができます。
  • 太陽光発電開発の知見を他電源に活かす
    これまでは太陽光に深く関わってきましたが、今後はこれまでの知見を活かし、バイオマスや風力等、別の電源開発にも携わっていきたいと考えています。将来は、レノバとしての新たな事業モデルを会社に提案し、その統括責任者として新規事業を進めていくことを目指しています。